コーヒーの微粉だけを使ってドリップしてみた

コーヒー

コーヒー豆をミルで挽いたときに出る、超細かい粉(微粉)だけでドリップしてみました。

 

 

以前書いた記事、微粉が香りや味に与える影響で、取り出した「微粉」だけでコーヒーを作ったらどんな味になるか、とても興味があったので試してみました。

といっても、10gの豆を挽いて取り出した0.8gで試したので、ほんとお遊びでやってます。

 

微粉を準備する

こちらが0.8gの微粉です。

 

 

これをペーパーフィルターに入れます。

 

 

この状態ではドリップしにくいので、フィルターをカットして小さ目なグラスにセットする。(ちょっとフィルター小さくカットしすぎちゃいました)

 

 

 

微粉をドリップ

いざ、ドリップ

 

 

とりあえず蒸らし(笑)

 

 

めっちゃ目詰まりしてお湯が落ちない(汗)

 

 

完成! およそ10mlの「微粉コーヒー」です。

 

 

微粉コーヒーの試飲

さて、試飲です!

ぜったいまずいだろうな~と思いつつ、

 

■香りは、「ほとんどない」ですね。

 まぁコーヒーっぽい匂いはしますが、「いい香り」という感じではなく、「コーヒー臭」といった感じ。

 

■味は、「渋くて酸っぱい」ですね。鼻から抜ける香りや、コクやコーヒー独特の苦みは感じられません。

 マンデリンだったので、苦味が残ると思っていたのですが。。。

 味としての結論は、「くそまずい」でした。(予想通りで面白くない)

 

 

なぜ微粉コーヒーは「まずい」のか、考察する

1、粒が小さすぎて、ミルで挽いた瞬間から香り成分が逃げ出してしまう。

今回は、挽いてすぐにドリップしているので、それほど影響してないはず。ただ、微粉という状態は、空気と接する面積が非常に大きくなるため、香りの劣化や酸化が起こりやすいのは間違いない。

 

2、粒が小さすぎて、ドリップ時に全ての成分が流れ出してしまう。

コーヒー豆も、お茶と同じく、抽出したくない成分が存在します。それが、長時間お湯に浸すことによって出てくる「渋みや酸っぱさ」です。これを一言で「エグ味」といいます。
エスプレッソも微粉とまではいきませんが、かなり細かく挽きます。しかしながら、エスプレッソで「エグ味」が出ないのは、抽出時間が極端に短いためで、じっくりドリップすれば、微粉コーヒーと同様まずくなります。

 

3、ドリップ時、フィルターの目詰まりを引き起こし、お湯と接する時間が長くなりすぎてしまう。

微粉コーヒーはどうやってもフィルターが目詰まりを起こすので、「サッ」とドリップすることができません。2の解説と同じです。長時間お湯に浸す結果となり、「エグ味」が抽出され、まずくなるのです。

 

 

今後の微粉との向き合い方

それでは、微粉は悪者なのか?

以前書いた記事、微粉が香りや味に与える影響で考察した通り、コーヒーの雑味は、味の深みを出す要素でもあります。そのため、微粉を取り除いたコーヒーが一概に「おいしい」とはいえず、飲む人の好みによっては微粉が必要となる場合もあるのです。

淹れる側の人は、この「微粉」の特性をしっかり把握し、上手に扱えるようになりましょう。そうすれば、様々なバリエーションのコーヒーを淹れれるようになります。

 

 

コメント