【村上春樹】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

小説

著者:村上春樹の紹介と代表作品

1949年1月12日、京都府京都市生まれ。

日本国外でも人気が高く、2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見られている。

代表作は、『ノルウェイの森』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『海辺のカフカ』『1Q84』

 

ノルウェイの森

発行日:1987年9月4日
発行元:講談社

  • 映画化:2010年公開、トラン・アン・ユン監督(配給:)

 
あらすじ(裏表紙より抜粋させていただきました)
 
(上)暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。
(下)あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと—。あたらしい僕の大学生活はこうして始まった。自殺した親友キズキ、その恋人の直子、同じ学部の緑。等身大の人物を登場させ、心の震えや感動、そして哀しみを淡々とせつないまでに描いた作品。
 
ノルウェイの森:ひとこと感想(2020年5月19日読了)

【ネタバレがあります!】

 

療養中の直子に会うため、初めて阿美寮に行き、そこで交わした二つの約束。

その一つは、直子の死後18年経った今でも忠実に守られている。

 

それは、「私のことを覚えていてほしい。私が存在し、あなたのとなりにいたことをずっと覚えていてほしい」というもの。

 

非常に切ない。

恐らく直子は、この段階で自分の精神疾患が回復する見込みがないこと。さらに、自らの死を意識したのだろうと思う。

ではなぜ、ワタナベに「愛」をちらつかせ、緊密な関係を築こうとしたのか。

それは、自分の生きた証を残すためだったのではないか。

死の直前にも、「レイコに自分の衣服を使ってくれ」といったメモがあり、これも同じような意味に感じる。

 

 

直子の死後、ワタナベは寝袋片手に旅に出る。

とにかく西へ西へ向かい、気が付くと山陰の海岸まで来ていて、その砂浜で寝泊まりしていた。そして、気が付くと「奇妙な場所」に来ていた。

そこでは、直子が生きていて、ワタナベと語り合い、そして抱き合うこともできた。直子は、死を含んだままそこで生きていた。そして、直子はこう言った。「大丈夫よ、ワタナベ君、それはただの死よ。気にしないで」と。

山陰の海岸の「奇妙な場所」で、ワタナベは「死者とともに生きた」

そしてさらに西へ西へと歩いた。

 

その後しばらくして、親切な若い漁師に出会い、死の世界から引き上げられたが、もしこの漁師に出会っていなければ、ワタナベも直子の側へ行っていたのでしょう。

 

直子は、キズキとお姉さんの「死の側」で生き、運命から逃れられず命を絶つ。

ワタナベは、直子の死の中で生きたが、緑やレイコ、さらに若い漁師に助けられ「生の側」で生きることができた。

 

 

 

この小説は、ちまたでいう恋愛小説ではない。

キズキの死、直子と直子のお姉さんの死、ハツミの死、いずれも明確な動機も遺書もなく、この謎が明かされるわけでもなく、いかようにも考えることができる。

読了後に感じる虚無感は、迷いの森から手招きされているようで気味が悪い。

 

 

評価:7/10点

 

 

コメント