【川村元気】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

小説

著者:川村元気の紹介と代表作品

1979年3月12日、神奈川県横浜市にて誕生。

【プロデュース】
2005年、26歳で映画『電車男』
2008年『デトロイト・メタル・シティ』
2010年『告白』『悪人』
2019年『天気の子』
2020年『ドラえもん のび太の新恐竜』脚本。

【小説】
2012年『世界から猫が消えたなら』
2014年『億男』

 

世界から猫が消えたなら

発行日:2012年10月25日
発行元:マガジンハウス

  • 映画化:2016年5月14日、配給:東宝

 
あらすじ(裏表紙より抜粋させていただきました)
 
郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
 僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化、映画化! 
 
 
世界から猫が消えたなら:ひとこと感想(2020年8月16日読了)

主人公であろう男性は『僕』といい、彼女のことを『彼女』という。

父は『父』で、母は『母』。

しかし、飼い猫には『レタス』『キャベツ』といった名前がつけられているところが面白い。

 

キーワードは、『何かを得るためには、何かを失わなければならない』

 

『僕』は、悪魔との取り引きで、『電話』を消し、1日という余命を手に入れた。さらに『映画館』を消し、『時計』を消したが、『猫』だけは消すことができず、自らの命をあきらめることにした。

 

死んだ母から『僕』にあてた手紙を読む。

 もう私の命は、あとわずかだと思います。

だから、私が死ぬまでにしたい10のことを考えてみることにしました。

旅行に行きたい、おいしいものを食べたい、オシャレしたい…。

いろいろ書き出していくうちに、私は思いました。

私が死ぬまでにしたいことは、本当にそういうことなのかと。

それで改めてゆっくりと考えてみたら、気づいたことがありました。

私が死ぬまでにしたいことは、全部あなたのためにしたいことだったのです。

あなたの人生はこれから何年も続くでしょう。

辛いことや、悲しいこともたくさんあると思います。

だから、私はあなたがこれから生きていくうえで、辛くなったり、悲しくなったりしたときに、それでも前を向いて明日を生きていけるように、あなたの素敵なところを10個伝えておきたいと思います。

そしてこれをもって、私の、”死ぬまでにしたい10のこと”に代えさせてもらいます。

 

あなたの素敵なところ

 

あなたは人が悲しいときに、一緒に泣くことができる

あなたは人が嬉しいときに、一緒に喜ぶことができる

そのかわいらしい寝顔

笑うとできる、小さなえくぼ

不安なときに、ついつい鼻をさわってしまう、その癖

必要以上に周りに気をつかってしまう、その性格

私が風邪を引くと、いつも家事を張りきってしてくれたあなた

私が作った料理を、本当に美味しそうに食べてくれたあなた

いつもすぐに悩んで、考え込んでしまうあなた

でも悩んで、悩んで、最後には正しい答えを出すことのできるあなた

 

あなたの素敵なところ、これだけを忘れずに生きてください。

それさえあればあなたも幸せだし、あなたの周りの人もきっと幸せだと思うから。

いままでありがとう。そしてさようなら。

いつまでもあなたの素敵なところが、そのままでありますように。

涙があふれた。

母を失ったが、『今』永遠の母の愛情を受け取ることができた。

 

さらに、まだやり遂げられていないことを果すため、『キャベツ』と共に父の元へ走る。

 

 

 

何かパッとエンディングが見えるわけではないが、「失ってから気付いても遅いんだよ」ということを強烈に教えられた小説だった。

 

そういえば、

母に心から「ありがとう」ってまだ言ってないよな。

いつか言おうとは思ってるけど、もう何年も十年以上も言えてないよな。

今日の夜にでも電話しよう。

 

 

評価:8/10点

 

コメント