コジ

小説

【松岡圭祐】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1968年12月3日、愛知県で誕生。 1997年10月に、小説デビュー作『催眠』を発表。 2008年『ミッキーマウスの憂鬱』2009年以降新潮文庫の100冊に選出。 2010年からは『万能鑑定士Qの事件簿』に始まるQシリーズが開始、ヒロイン版コージー・ミステリーの先駆的作品として一年で200万部を超えるヒットとなる。
小説

【東野圭吾】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1958年2月4日大阪府大阪市生野区で誕生。 高校2年生の1974年、偶然手に取った小説『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説嵌り自ら書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在でも非公開。 10作品で、15もの賞を受賞。特に『容疑者Xの献身』ではタイトルを総ナメにした。
開発アプリ

C#でアプリ開発(改善提案をまるごと管理)

アナログで管理しがちな『改善提案活動』。運営する立場からクッソ管理コストがかかっていることに気づき、これを改善するためアプリ開発に臨む。
小説

【有川浩】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1972年6月9日、高知県高知市生まれ。 2003年に『塩の街 wish on my precious』で電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年デビュー。 2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。 インタビューでは、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
開発アプリ

コロナ対策アプリ『お客の足跡withコロナLight版』

コロナ対策アプリということで、検温測定記録はもちろん、一般的な来客予約管理を行うフリーソフトです。
小説

【スティーヴ・ハミルトン】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1983年、ミシガン大学を卒業。 処女作『氷の闇を越えて』でエドガー賞、処女長編賞とシェイマス賞、新人賞を相次いで受賞し注目を集める。2011年には、『解錠師』でエドガー賞(長編賞)を受賞。
健康

使い捨てマスクは、煮沸やアルコールで消毒すれば再利用できるのか

新型コロナウィルスの流行による深刻なマスク不足。手持ちのマスクの数に余裕がないと、「煮沸しちゃえばよくね?」とか、「アルコールでじゃぶじゃぶ除菌しちゃえ!」とか思ってしまいます。が、それをやっちゃうと逆に感染しやすくもなってしまいます。まずは正しい知識を身につけることが大切です。
小説

【アゴタ・クリストフ】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1935年10月30日、ハンガリー生まれ。 死没:2011年7月27日。 1986年『悪童日記』でフランス語文壇デビューを果たす。 この作品は世界で40以上の言語に翻訳され、同時に世界的にも注目される作家となった。
未分類

【エラリー・クイーン】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

『エラリー・クイーン』という名は、 フレデリック・ダネイ(Frederic Dannay、1905年10月20日 - 1982年9月3日) マンフレッド・ベニントン・リー(Manfred Bennington Lee、1905年1月11日 - 1971年4月3日) この二人が探偵小説を書くために用いたペンネームの一つである。
小説

【高野和明】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

東京都生まれ。 2008年「6時間後に君は死ぬ」がWOWOWでの映像化に伴い脚本を担当。また、「3時間後に僕は死ぬ」では監督を担当。 2011年『ジェノサイド』で山田風太郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。同作は「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」の両方で1位に選出。累計100万部を突破するベストセラーになった。