小説

【松岡圭祐】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1968年12月3日、愛知県で誕生。 1997年10月に、小説デビュー作『催眠』を発表。 2008年『ミッキーマウスの憂鬱』2009年以降新潮文庫の100冊に選出。 2010年からは『万能鑑定士Qの事件簿』に始まるQシリーズが開始、ヒロイン版コージー・ミステリーの先駆的作品として一年で200万部を超えるヒットとなる。
小説

【東野圭吾】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1958年2月4日大阪府大阪市生野区で誕生。 高校2年生の1974年、偶然手に取った小説『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説嵌り自ら書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在でも非公開。 10作品で、15もの賞を受賞。特に『容疑者Xの献身』ではタイトルを総ナメにした。
小説

【有川浩】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1972年6月9日、高知県高知市生まれ。 2003年に『塩の街 wish on my precious』で電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年デビュー。 2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。 インタビューでは、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
小説

【スティーヴ・ハミルトン】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1983年、ミシガン大学を卒業。 処女作『氷の闇を越えて』でエドガー賞、処女長編賞とシェイマス賞、新人賞を相次いで受賞し注目を集める。2011年には、『解錠師』でエドガー賞(長編賞)を受賞。
小説

【アゴタ・クリストフ】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1935年10月30日、ハンガリー生まれ。 死没:2011年7月27日。 1986年『悪童日記』でフランス語文壇デビューを果たす。 この作品は世界で40以上の言語に翻訳され、同時に世界的にも注目される作家となった。
小説

【高野和明】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

東京都生まれ。 2008年「6時間後に君は死ぬ」がWOWOWでの映像化に伴い脚本を担当。また、「3時間後に僕は死ぬ」では監督を担当。 2011年『ジェノサイド』で山田風太郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。同作は「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」の両方で1位に選出。累計100万部を突破するベストセラーになった。
思想・哲学

【福沢諭吉】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

天保5年12月12日〈1835年1月10日〉- 明治34年〈1901年〉2月3日) 慶應義塾(現在の慶應義塾大学)の創設者であり、商法講習所(後の一橋大学)他多数、創設にも尽力した。 1984年11月1日発行分から日本銀行券一万円紙幣、表面の肖像に採用されている。
小説

【吉田修一】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

長崎市出身。法政大学経営学部卒業。1997年「最後の息子」文學界新人賞。2002年『パレード』山本周五郎賞。同年「パーク・ライフ」芥川賞。2007年『悪人』毎日出版文化賞と大佛次郎賞。2010年『横道世之介』柴田錬三郎賞。2019年『国宝』芸術選奨文部科学大臣賞と第14回中央公論文芸賞。
小説

【伊坂幸太郎】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。『アヒルと鴨のコインロッカー』吉川英治文学新人賞。2008年『ゴールデンスランバー』本屋大賞と山本周五郎賞を受賞。
小説

【宮沢賢治】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

誕生:岩手県稗貫郡里川口村(現・花巻市) 1896年(明治29年)8月27日 - 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。 1924年(大正13年)4月20日 - 詩集『春と修羅』を自費出版。同年12月1日 -『注文の多い料理店』を刊行。 1931年(昭和6年)11月 - 手帳に『雨ニモマケズ』を書く。