小説

【恩田陸】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1964年10月25日、青森県青森市生まれ。 大学卒業後、保険会社のOLを経て作家を志し、『六番目の小夜子』で作家デビューを果たす。 2004年『夜のピクニック』吉川英治文学新人賞、本屋大賞 2006年『ユージニア』日本推理作家協会賞 2007年『中庭の出来事』山本周五郎賞 2017年『蜜蜂と遠雷』直木賞、本屋大賞
思想・哲学

【岡本太郎】著書紹介(感想・評価)

1911年2月26日、神奈川県橘樹郡高津村大字二子(現・神奈川県川崎市高津区二子)生まれ。 死没 1996年1月7日(満84歳没) 1988年、青春出版社より、『自分の中に毒を持て あなたは"常識人間"を捨てられるか』として発刊。 80歳のときに自身が所蔵するほとんどの作品を川崎市に寄贈。市は美術館建設を計画する。
小説

【三島由紀夫】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1925年1月14日、東京都新宿区生まれ。本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ) 死没 1970年11月25日(45歳没) 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。 代表作は『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『豊饒の海』
小説

【村上春樹】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1949年1月12日、京都府京都市生まれ。 日本国外でも人気が高く、2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見られている。 代表作は、『ノルウェイの森』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『海辺のカフカ』『1Q84』
小説

【夏目漱石】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1867年2月9日、武蔵国江戸牛込馬場下横町(現:東京都新宿区北東部)生まれ。本名:夏目 金之助 死没 1916年12月9日(49歳) 松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学。 帰国後、一高、東大で教鞭をとる。 代表作は、『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こゝろ』『草枕』など。
小説

【小峰元】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1921年3月24日、兵庫県神戸市生まれ。本名:廣岡 澄夫(ひろおか すみお) 毎日新聞社在職中、1973年に『アルキメデスは手を汚さない』で第19回江戸川乱歩賞を受賞。 この作品は後に多数発表される青春推理小説のスタートであり、作家である東野圭吾が推理小説に目覚めたきっかけになったのは、あまりにも有名。
小説

【知念実希人】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

1978年10月12日、沖縄県南城市生まれ。 東京慈恵会医科大学卒業後、4年間働き内科医の認定医となってから本格的に小説の執筆にとりかかる。 2011年『誰がための刃 レゾンデートル』で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した。 2015年『仮面病棟』2015年啓文堂大賞受賞。
小説

【川村元気】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1979年3月12日、神奈川県横浜市にて誕生。 【プロデュース】 2005年、26歳で映画『電車男』 2008年『デトロイト・メタル・シティ』 2010年『告白』『悪人』 2019年『天気の子』 2020年『ドラえもん のび太の新恐竜』脚本。 【小説】 2012年『世界から猫が消えたなら』 2014年『億男』
ビジネス

頭に来てもアホとは戦うな!:田村耕太郎【紹介・レビュー】

アホと戦う時間こそ人生最大の浪費というコンセプトで、アホから身を守る術を紹介しています。著者は、「現代版・孫氏の兵法」とこちらの書籍を位置付けておりますが、アドラー心理学でいう「承認欲求の否定」や「他人の人生を生きない」といった教えも盛り込まれています。
思想・哲学

吉田松陰「人を動かす天才」の言葉:楠戸義昭【紹介・レビュー】

松陰よりも、松下村塾で学んだ松陰の弟子、久坂玄瑞や高杉晋作の方が有名かもしれません。ですが、松陰が教えた「読書と同様に抄録することが肝要」の通り、松陰の教えは今もなお多く残っています。その一部をご紹介します。