小説

小説

【スティーヴ・ハミルトン】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1983年、ミシガン大学を卒業。 処女作『氷の闇を越えて』でエドガー賞、処女長編賞とシェイマス賞、新人賞を相次いで受賞し注目を集める。2011年には、『解錠師』でエドガー賞(長編賞)を受賞。
小説

【アゴタ・クリストフ】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1935年10月30日、ハンガリー生まれ。 死没:2011年7月27日。 1986年『悪童日記』でフランス語文壇デビューを果たす。 この作品は世界で40以上の言語に翻訳され、同時に世界的にも注目される作家となった。
小説

【高野和明】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

東京都生まれ。 2008年「6時間後に君は死ぬ」がWOWOWでの映像化に伴い脚本を担当。また、「3時間後に僕は死ぬ」では監督を担当。 2011年『ジェノサイド』で山田風太郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。同作は「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」の両方で1位に選出。累計100万部を突破するベストセラーになった。
小説

【吉田修一】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

長崎市出身。法政大学経営学部卒業。1997年「最後の息子」文學界新人賞。2002年『パレード』山本周五郎賞。同年「パーク・ライフ」芥川賞。2007年『悪人』毎日出版文化賞と大佛次郎賞。2010年『横道世之介』柴田錬三郎賞。2019年『国宝』芸術選奨文部科学大臣賞と第14回中央公論文芸賞。
小説

【伊坂幸太郎】おすすめ小説(あらすじ・感想・評価)

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。『アヒルと鴨のコインロッカー』吉川英治文学新人賞。2008年『ゴールデンスランバー』本屋大賞と山本周五郎賞を受賞。
小説

【宮沢賢治】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

誕生:岩手県稗貫郡里川口村(現・花巻市) 1896年(明治29年)8月27日 - 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。 1924年(大正13年)4月20日 - 詩集『春と修羅』を自費出版。同年12月1日 -『注文の多い料理店』を刊行。 1931年(昭和6年)11月 - 手帳に『雨ニモマケズ』を書く。
小説

【三上延】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1971年横浜市生まれ。 大学時代は文芸部に所属し、中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で第8回電撃小説大賞3次選考を通過、2002年に同作でデビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』は、本屋大賞にノミネートされている。
小説

【綾辻行人】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

京都府京都市出身。妻は同じく小説家の小野不由美。 京都大学在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。 1990年『霧越邸殺人事件』週刊文春ミステリー1位。 1992年『時計館の殺人』日本推理作家協会賞。 2011年『Another』ミステリが読みたい!1位。 2018年 - 第22回日本ミステリー文学大賞受賞。
小説

【乙一】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1978年10月21日福岡県にて誕生。本名は安達 寛高(あだち ひろたか) 自分で小説を書くようになったのは16歳のとき。 1996年に第6回ジャンプ小説大賞を受賞してデビュー作となった『夏と花火と私の死体』である。 2002年『GOTH リストカット事件』第3回本格ミステリ大賞を受賞。
小説

【藤原てい】著書紹介(あらすじ・感想・評価)

1918年11月6日、長野県茅野市にて誕生。-2016年11月15日(98歳没) 1943年に新京の気象台に赴任する夫と共に満州に渡る。敗戦後の1945年、夫を一時残して子供を連れ満州より引き揚げ。 帰国後、遺書のつもりでその体験をもとに、小説として記した『流れる星は生きている』はベストセラーとなった。